2019/11/16 09:12

本日10:00より発売開始の、クリスマスを感じさせるアイテムのご紹介です。

直井真奈美さんの器と、革のオーナメントを発売いたします。

直井真奈美さんの器 

まるで静物画のような、美しいプロポーションの直井真奈美さんの器のご紹介です。

シンプルなカーブを描いたコンポート皿、聖杯から装飾を削ぎ落としたようなゴブレット。

どれもシンプルですが、物語を感じさせる空気感をまとった器たち。

 

白い釉薬から透けて見えるオレンジ味を帯びた素地の色、柔からな濃淡のある釉薬の色がとても表情豊かな白を表現しています。

マットでとても柔からな質感は、触ってもうれしい器です。

コンポート皿は、ほぼフラットなのでケーキを載せるのにぴったりですね。

パーティーなどおもてなしの時には、生ハムなどの前菜からチーズ、クッキーなどのデザートまで

とても華やかに演出してくれます。

ゴブレットは2型。右からゴブレットA、ゴブレットB。

どちらもステムとカップのバランスが絶妙な、美しいカーブを描いたゴブレットです。

丸く浅いタイプのゴブレットBは飲み物だけでなく、アイスやプリンなどのデザートにもいいですね。

 

ゴブレットBは、サイズやプロポーションに個体差があるので、選んでいただけるようにようなっています。

直井さんの器は存在感があるので、雰囲気ある食卓になりますね。

これからのパーティ時期に、感度の高いテーブルを演出してくれる器たち。

直井さんは、東京にアトリエを構え、活躍されている作家さんです。

常に日常を楽しく豊かにしてくれる器作りをされています。

 

 

直井真奈美さんの器の品質・取扱いについて

材質や工程、手仕事という事で、器の釉薬のかかり具合や濃淡、サイズや厚みなど雰囲気がひとつひとつ異なります。

焼く際、釉薬の金属の成分が小さな褐色の点として出たり、ピンポールと言われる小さなくぼみが出たりしますが、これも焼き物の味わいのひとつです。

使用上問題ありませんので、手づくりの風合いと楽しんで頂ければと思います。

電子レンジはカップなど小さいものは可。オーブン、食洗機不可。

直井さんの器はこちらから。


革のオーナメント、クリスマスベルも発売いたします。

 

 

大人になってもワクワクしてしまうクリスマス。

そんなクリスマスを彩ってくれるベル型オーナメントを、今年も発売いたします。

 

クリスマスのモチーフとしてよく出てくるベル。

ベルは、イエスキリストの誕生を告げ知らせるものなのです。

そして、教会を象徴するものだそうです。

音はなりませんが、ベルをモチーフに革でオーナメントを作りました。

 

厚みのある革を手縫いで立体的に作ったベルが2つついています。

紐にはシルバー色のフランスアンティークのものを使っています。

 

革は2色ご用意しています。左がグレージュ、右がスモーキーグレー。

イタリア製のタンニン鞣しの牛革なので使うほどに艶がでて、色に深みがでてきます。

 

そこに手書きでフランス語のmerry chiristmasという意味、joyeux noelと描かれています。

紐を結んでツリーに掛ければ、オーナメントになります。

2つのベルを紐でつないでいるだけなので、バッグチャームとしても使えます。

joyeux noelの代わりにアルファベットで7文字までなら、名入れすることもできます。

名入れは手書きになります。

 

名前を入れれば、クリスマスだけでなくいつでも使えるバッグチャームなりますね。

贈り物にぴったりなこの時期、チャームにもオーナメントにも使える『クリスマスベル』はいかがでしょうか。

 

無料でラッピング可能ですのでプレゼントにもぴったり。期間中(11.16-12.24)はクリスマスラッピングをさせていただきます。

インドのボタニカル柄スタンプを押したラッピングペーパーでお包みいたします。

写真の左側に見えるのがスタンプです。

 

クリスマスベルはこちらからどうぞ。

 

  • Home
  • About
  • Blog