2019/09/27 08:38

人を招いたお食事会や、週末のいつもよりゆっくりしたお食事。

普段のお食事でもそうですが、作ったお料理が素敵に盛りつけられると嬉しいですね。

 

少しおめかししたい気分の時は、直井真奈美さんの角台皿は大活躍。

チーズとブレッドを盛りつけただけですが、これならおもてなしの一品になりますね。

我が家ではパルミジャーノレッジャーノは常備しています。

削って振りかけてもいいですし、スライスしておつまみにしても。

幅広く使えますよね。

写真はパルミジャーノを使う時に欠かせないの器具たち。

左の2つはオランダで買ってきたチーズのスライサー。とても重宝しています。

沢山削りたいときは、ずいぶん昔にコンランショップで買ったグレーターでひたすら削ります。

 

お祝いの時のケーキ皿にも角台皿を使っています。

ホールケーキもいいですが、色々なケーキを買って真ん中に蝋燭を立てることもあります。

それぞれにケーキを買うと、そのまま銘々のお皿に盛ってしまいますが、お祝いの時は一つのお皿にまとめて盛ります。気分があがりますよね。

写真のものは白金高輪のケーキ屋、パッション・ドゥ・ローズのもの。

バラを模したり鮮やかな色があったりと、華やかなケーキはお祝いにもぴったりです。

私が選んだのはモンブラン。とても美味しかったです。

 

下の写真は生のサーモンを2日ほど塩漬けにしたもの。

作り方はとても簡単。二切れのサーモンに塩をもみ込んで、間にディルと粒胡椒(私は黒胡椒を使っていますが、白胡椒がいいそうです。) を入れ、キッチンペーパーで包んでからラップをします。キッチンペーパーは毎日取り替えます。

フィンランドのご家庭で教えていただいたお料理です。

生のまま食べるより、熟成してまろやか!たっぷりのディルと一緒にいただきます。

簡単にできて、おもてなし感もでる、お気に入りの一品です。

器はsu-nao homeさんのロングプレート。

黒い器だとサーモンのオレンジ、ディルの緑が鮮やかに引き立ちますね。

 

秋になり、食べ物が美味しい季節。

色々な器でお料理をお楽しみください。

おもてなしにぴったりの器もぜひ探してみてください。

  • Home
  • About
  • Blog